2015年11月12日

ナンユアン島情報

ナンユアン島の展望台は、3つある島の中、一番南側の島の頂上付近にあります。
真ん中の島にあるレストランからゆっくり歩いて約10分〜15分。
途中道が悪い所もあるので、登る時は気をつけてくださいね。
年配の方や、小さいお子さんは少し注意が必要です。


木の遊歩道を歩いて行くと、残り半分はひたすら階段です、最後頂上にたどり着く前に10メートル位岩場を登ります。

それを頑張って登りきると!!!
天気の良い晴れた日には、息を飲むほどに美しいタオ島とナンユアン島の景色が広がって、疲れもいっぺんに吹き飛びます。

images (3).jpeg


展望台からのすっごい綺麗なこんな景色が!




posted by nok at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

ナンユアン島のレストラン情報



ナンユアン島では、ランチビュッフェの他にもレストランのカウンターで様々な料理が注文できます!

私が大好きなのはパッガパオムーサップのカイダオドゥアイです
パッ(炒める)ガパオ(ホーリーバジル)ムー(豚肉)サップ(細かく)
カイダオ(目玉焼き)ドゥアイ(一緒に)


...つまり、”豚ひき肉のホーリーバジル炒めに目玉焼きトッピングで”ということです


美味しいですよ!^^
posted by nok at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

シャム猫


ナンユアン島には可愛いシャム猫が数匹暮らしています


レストランでお昼ご飯を食べていると、寄ってきて食べ物を欲しそうにこっちを見てきたり、ベンチに寝そべって日向ぼっこをしていたり、島の中を歩き回ったりと自由気ままに過ごしています




2421.jpg
posted by nok at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

ナンユアン島情報

images.jpeg

タオ島のすぐ近くに位置するナンユアン島。
サムイ島から大型フェリーで約1時間30分、距離で約60KMあります


3つに見える島が、実は砂浜で繋がっているというとっても小さな島。
島内の施設はバンガロータイプの宿泊施設と、レストラン、ビーチバーのみ。


船の入港が許されているのが17時までなので、観光だけの人は17時までしか島にいれません。
それ以降の時間は宿泊者だけのプライベートアイランド&プライベートビーチになるんです!




posted by nok at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

ナンユアン島情報

2421.jpg


ナンユアン島にはシュノーケルができるビーチが2つあります

1つは東側の”JAPANESE GARDEN"、もう1つが西側の”TWINS”



それぞれ違う魅力があって面白いですよ!
posted by nok at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

ナンユアン島情報

images (2).jpeg


ナンユアン島ではビーチにチェアとパラソルがズラーッと並べてあります

チェア2つとパラソル1つのセットで1日150バーツです


空いている場所を使ってると後でタイ人が料金を回収しに来ますので、その時にお支払いください




posted by nok at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

ナンユアン島情報

images (3).jpeg



ナンユアン島でシュノーケルをするなら東側の"JAPANESE GARDEN"がオススメです

白い砂のビーチ、水中に点在する岩やサンゴがちょっとした日本庭園のようで綺麗です
魚も浅い所からたくさんいますし、天気が良いと水底まで日の光がキラキラ差し込んでさらに綺麗です
posted by nok at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

ナンユアン島情報

2421.jpg


ナンユアン島の西側のビーチ、こちらは"TWINS"という名前です
沖の方へいくとダイビングサイトになっていて水中に似たような形の15M×20Mぐらいの大きい岩が2つあることから"TWINS"という名前がついたそうです

このTWINS側のビーチもナンユアン島からシュノーケルで楽しむことができます

反対側の"JAPANESE GARDEN"と違った雰囲気で楽しいかもしれないですね

ただ、TWINS側は水底がサンゴのがれ場になっているところが多いですから、行く時は足を切らないように気をつけて下さいね
posted by nok at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

ナンユアン島 紹介1/2

そもそも島旅行をしたことがなかったので、まずサムイ島の空港に感動!!!
「やばい、緩い!!何も取り締まる気がない!!!」
という、点はもちろん、大好きなココナッツ( ニオヒがたまらなくスキ) の木が沢山あることに感動。さすがココナッツアイランド。
 で、何かのご縁でナンユアン島に行くことになったのが、サムイ島滞在5日目くらい。
学生の長期滞在だったので、時間だけはたっぷりあった。お金はないけど。
それまでも、サムイ島の雰囲気や海で大満足だったのだけれど、大きな間違いでした・・・

Koh Nang Yuan

 それまで、ナンユアン島なんて名前聞いたことなかったし、多分、行かなければ耳にすることが無かったと思う。
「何?ナンムアン島??」
「 どこ??」
「 知らない・・・」

「てか、ナンユアン・・・」

みたいな会話の繰り返し。

ガイド本にある、サムイ周辺の島は、パンガン島とタオ島の2種類のみ。
このIT情報社会ですら、あんまり情報が出てこないのが現実。
時代の反骨者、ナンユアン島かね・・・

 ちなみに、ナンユアン島。
サムイから約1時間30分、距離で60キロメートルにある島。
ちょうどタオ島の隣。
サムイ島から船に乗って、1時間30分もすると、タオ島が右手に見えてき始める。
すぐその反対側に小さな島が3つ見つかったら、そこがナンユアン島!!!
3個に見える島も、実は1つの砂浜で繋がっているというとっても小さな島。
ガイド本にも載っていないはず!!だって、そこには一つのリゾートしかないのだから。
バンガロータイプの宿泊施設( これもあんまり数は多くない・・) と、レストラン、ビーチバーのみというから、この島の小ささがわかる。
更に、観光だけの人は17:00までしか島にいられない。船の入港(っていうほど大きな船着場ではないのだけれど・・・)が許されているのが、17:00まで!!!
徹底した一島一リゾートぶり!
その時間は、宿泊者のみというから、なんとも贅沢な島。
どんなに高級なホテルでも、多分このバンガローにはかなわないか!!と言い張ってるんですが・・・
でも、高級ホテルに泊まったこと無いから・・・

 で、初めて見たときの感想は、一言、

「やぁばいっ!!」

他サイトのナンユアン島関連記事
とってもキレイ!ナンユアン島
ナンユアン島へ
ナンユアン島シュノーケリングツアー
ナンユアン島の写真
posted by nok at 17:23| Comment(27) | TrackBack(8) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナンユアン島 紹介 2/2

その日は、本当に天気が良い3月のある一日。
ナンユアン島の海は突き抜けるように青く、それとは反対側に伸びる青空。
でも水平線の向こうにはそれが一続きに見えるから、スゴイ。
空と海の色は、青は、同じ色らしい。
周りには何もないから、太陽の陽射しが海にキラキラ反射して、ナンユアン島の海はまるでサファイアの海!!
緑も丁度いい頃だったみたいで、青、砂浜の白、木々の緑・・・自然界にある原色を全部一度に味わえたのは、多分あの日と、あの場所がワタシの中では初めてだったと思う。

 日本にいるときの太陽は、暑いし煩わしかった。
多分それは、周りの環境にもよると思うのだけれど。
東京の真ん中で、ビルがいっぱいあるなかで浴びる太陽の光には、正直、力強さとか、生命力って感じない。
 でも、そこで見た太陽や陽射しは、すごく気持ちが良くて、日焼けっていいかもって思った。
 ナンユアン島は上陸するのに100バーツかかる。ゴハン2回分くらい。
入るだけで100バーツ・・・しかも、缶とかペットボトル飲料の持ち込みは禁止!!
で、スノーケルの時には、フィンも使えない。
 全部、環境保護の為の処置らしいのだけれど、あのビーチと海とサカナを見たら、文句の一つも出せない・・・ゴハン4回くらい我慢してもいいと思う。
島に挟まれた形でビーチと海があるせいか、そこには魚が沢山生息している。
青とか黄色、小さな魚からアジくらいのサカナまで、群れになってビーチのすぐ近くまで泳いでいるから、ビックリする。
<トロピカルカラーなおサカナ>ってやつです。
時々、恐いくらい・・・
まず、ビーチから砂地を進んでいくと、サカナに大歓迎を受ける。
(多分、歓迎されてるのは、エサになるパン)
で、ここであまりのサカナの量に少し恐怖すら覚える・・・
 そしてビーチから数十メートル離れたところには、テーブル珊瑚の群れ。これを守る為に、ナンユアン島は、フィンが禁止らしい。
珊瑚の近くにはイソギンチャク、その中にはクマノミ・・・日本では水族館でしか見られないサカナや、水中生物が手に取れる位置にいるのに、また感動。
(触っちゃいけないんだけど・・・)

 ナマコにガンガゼ( うにの大きいやつ) 、ワヌケヤッコ、ソラスズメダイ・・・とりあえず沢山のサカナ!!!
ナンユアン島のビーチは、生水族館だった・・・

他サイトのナンユアン島関連記事
とってもキレイ!ナンユアン島
ナンユアン島へ
ナンユアン島シュノーケリングツアー
ナンユアン島の写真
posted by nok at 16:27| Comment(0) | TrackBack(2) | ナンユアン島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。